読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中にわき上がるハレルヤ

無軌道という方向性

windows起動したが、真っ暗な画面にカーソルが点滅して進まない時の修復方法

今書いているのとは別のpcで、トラブルがあってなかなか手を焼いたので、

復旧した方法と,やったことを残しておきたいと思います。症状としては

 

f:id:YuYukun:20151005180443p:plain

電源投入⇒コンピュータの構成みたいな画面

⇒メーカーのロゴ画面⇒カーソルが点滅している黒い画面

 

から先に進まないというものです。

 

 

思いつくは限りでは、物理的に何かが壊れたといことはないので、おそらくブート関連のどこかに問題があるのだろうと推測し、起動時のトラブルを修復する、その手の対処法を調べては試しを繰り返しました。最終的に直った手順は簡単ものでしたが、

 

windows7+ASUS P8P67チップセットマザーボード

 

この組み合わせが、かなり問題を複雑化させていました。パソコンに詳しくなく、理解もそこそこなので、幾分遠回りもしたように思いますが(8時間かかってしまいました)修復することができました。とりあえず、やったことを順をおって記しておきたいと思います。

 

BIOSの起動ドライブの確認、設定し直し

ときどき何かの拍子で、起動デぃスクの前に光学ドライブが来ていたりして、biosの起動ディスクが変更されていることがあるので、確認します。

 

f:id:YuYukun:20151005185013p:plain

asusロゴの画面でDELを押して、bios /UEIFに入ります。起動ディスクの順番が変わったりしていたところはなく、そのまま退出。起動させてみますが、もちろんうまくいきません。

 

他にosが入っている起動ディスク以外をはずして起動ディスクだけで、起動させてみたり、biosを初期化したりして、起動を試みましたが、黒い画面でカーソルが点滅するだけでした。

 

windows7のインストールディスクを使ってリカバリー

windows7のインストールディスクを使って修復を試みました。インストールディスクを入れても勝手に

press any key to boot from cd or dvd

が出ないので、boisの起動ドライブを光学ドライブに変更しました。

 

今までなら、これでだいたい直るはずでしたが、

コンピュータを修復するをクリック。すると、

 

f:id:YuYukun:20151005185415j:plain

 

「このバージョンのシステム回復オプションは、修復しようとするWindowsのバージョンと互換性がありません。このバージョンのWindowsと互換性のある回復ディスクを使用してください」

 

というエラーメッセージを吐きだし、この先のスタートアップ修復には何度やっても到達しません。

 

今まで見たことがないエラーで戸惑いましたが、調べてみると、windows7ではこの症状が、ままあるとのこと。バックアップ イメージからコンピュータを復元しようとしても同じようなメッセージが出て、修復できないらしいです。

 

コマンドプロンプトを使ってMBRを調べる、直す

MBRとはブートセクタの一種で、起動のためにあるセクタですが、何かの影響で壊れてしまうことがあり、コマンドプロンプトからそれを修復すれば直る可能性があるということが分かりました。

windows7修復オプションが起動すれば

 

こんな画面が出て直しに行けるのですが、今回はそれができず、

f:id:YuYukun:20151005191839j:plain

 

さらに調べると Shift+F10コマンドプロンプトが立ち上がるらしいので

、MBRの確認および復旧を試みました。

 

さっきのwindows修復で

Shift+F10でコマンドプロンプト起動

 

1 

>diskpart enterを押します

 

>list disk

でディスク0とディスク1とかいったリストと、容量が表示されるので

 

>select disk“OSの入っているディスクの番号”

OSが入っているディスクを選択。

 

3

パーティション0,1といった表示がざれるので

>select partition

同じくOSの入っているパーティション

 

>active

 

>exit

と進みます

 

>bootrec /fixboot

>bootrec /fixmbr

>bootrec /Rebuildbcd

と進みます。

操作は正常に終了しました。

メッセージが出ればいいのですが、

 

>bootrec /fixmbrのところで

 

要素が見つかりませんというメッセージ。

 

これもだめでした。

 

管理者としての権限でコマンドしたわけではないので、うまくいかないかもしれないとは考えていましたが、やはりうまくいきませんでしたが、ただ、やはりブートセクタには、何らかの不具合がありそうだということが分かりました。

 

もしかしたら、activeコマンドをしたところでも、アクティブにならなかったと出たような気もします。

 

セーフモードで起動

一度大きな破損がないかどうかを試すために、セーフモードで起動してみることにしました。セーフモードが立ち上がれば、やはり問題はブート。

 

asusマザーボードの仕様では、ロゴスクリーンでF8を連打してもセーフモードには移行せず、起動ドライブの選択画面が出ます。そこでOSの入ったディスクを選択し、Enterを押すとほぼ同時にF8を押すとセーフモードに移行するらしいのです。

 

 

しかし、いくらやってもセーフモードに入らず

あの点滅画面

 

f:id:YuYukun:20151005180443p:plain

起動がSSDだと読み込みが速すぎて、キーを押しても間に合わないのかなとか、再インストールは疲れるから、できればここで直ってほしいとか思いながら、何度もトライしました。

 

 

変化があったのは、起動ドライブ選択を、windows7のインストールディスクを入れていた光学ドライブにし、Enter後素早くF8連打した時でした。

 

すると、あのセーフモードの選択画面が表れました。セーフモードで起動するを選択すると、文字列がダダーと画面を流れて行ったあと、windowsのインストールの選択画面が表れました。

 

インストールディスクを入れた光学ドライブを選択していたのだから、当たり前といえば当たり前です。

 

ここでふと、さっきやった、コマンドプロンプトをしてみたらどうだろうと思いつき、やってみると、さっき引っかかった>bootrec /fixmbrのところでも、

 

操作は正常に終了しました。

 

のメッセージがました。

 おそるそそる再起動させてみると、

f:id:YuYukun:20151005203843j:plain

修復成功です。8時間におよぶ長い闘いでした。

 

まとめ

 メーカーのロゴ画面後、カーソルが点滅している黒い画面で止まる場合、原因はおそらくブートセクタの異常である。

 

windows7+ASUS P8P67チップセットマザーボードの組み合わせはかなり、入り組んで厄介だった。

 

MBR修復を試みたいが、リカバリーディスクは使えず、F8でOSの入った起動ドライブの選択してもセーフモードにも移行しないときは、F8光学ディスクを起動選択するとセーフモードが立ち上げることができる。そこでコマンドプロンプトを使えば、MBRを修復することができる。

 

というのが、今回の結論でした。

 

お疲れ様でした。

広告を非表示にする