真夜中にわき上がるハレルヤ

無軌道という方向性

アマゾンプライム会員になったら、kindleを買おう 16GB以上にするべき

 昨年、アマゾンプライムに加入しました。プライム会員の特典kindle fire 8GBが4000円引きの4980円でになるというので、試しに買ってみることにしました。購入時の主な目的としては、電子書籍用のタブレットにするつもりでした。

 

 amazonが送料無料のキャンペーンを終了し、合計金額が2000円以上にならないと、送料がかかるといいうことで、これを機にアマゾンプライム会員になることを検討している方も多いことでしょう。その流れで、どうせならキンドルもと思っていらっしゃるかもしれまん。

 

 しばらく使ってみて見えてきた、kindleタブレットとしての位置づけ、おすすめポイントなどを、簡単にまとめてみたいと思います。

 kindle fireに対する所感

 ネットサーフィンはあまりしませんが、youtubeを見ることには問題ありません。バッテリーはfireで7時間で、実際そんなに連続運転しないので、十分すぎるほどです。

 

 kindleやhontoのアプリはややもたつくことがあります。(wifiの問題かもしれない)新しく買ったkindle本を、勝手にダウンロードするのをやめてもらいたいんですが、止める方法を見つけていません。

 

 映画を見る場合、ストリーミングでもカクカクしないし、スムーズです。下位のバージョンですが、画像もきれいで、まったく問題ありません。

 

 7インチの画面で、小さすぎると思うかもしれませんが、これがなかなか、十分に見られます。

 

 音に関していうとkindel fireはについているスピーカーはモノラルで、ライン出力もdolbyではありませんが、必要十分といったところでしょうか。問題なしです。

 

 プライムビデオの映画はmicrosdカードに保存できるので、オフラインでも見られるので便利です。

8gbでは容量が少なすぎる kindle fireの最大の弱点

 kindle fire 8GBは、購入した時点ですでに、プリインストールされたアプリなどが容量を埋めていて、記憶域が8GBというだけで、kindle本に記憶域のすべて割けるわけではありません。残り5GBほどしかありませんでした。

 

 これではほかのアプリもインストールしkindle本(漫画や写真の多い本はサイズが大きい)もいくらかダウンロードするとあっという間に、容量がなくなってしまいます。

  

 以前はできなかった、kindle本がマイクロsdカードに保存できるように、改善されたのは救いでしょうか。

 

 コンテンツは、microsdカードでき、アプリも大部分をmicrosdカードに保存できるものもありませすが、それでも本体にいくらかデータを残さないといけないようです。快適に利用するには、いくらか余裕が必要で、空き容量が減ってくるとダウンロードが止まり、ストレージの管理を要求されます。使っていないアイテムをクラウドに移すとか、コンテンツを削除するとかしないといけないわけです。そうすると、自由に使える領域はもっと狭まることになります。

 

 とりあえず8GBあればとりあえず、不満はないだろうと考えでしたが、ちょっと誤算でした。

ほかの問題点

 アマゾン独自のアプリストアではアプリが少なすぎる。

 

 kindleのほかにhontoやkoboといったほかの電子書籍アプリも使いたいところでしたが、kindleはほかの電子書籍リーダー(hontoやkobo,ebookなど)に対応していないので、

 

Kindle FireタブレットでGoogle Playストアをroot化せずに使う方法

 

 こちらを参考にgoogle playををインストールして、そこからhontoなどのアプリを団ロード、インストールしました。(セキュリティーの面での安全性は保障できませんが、これで当初の目的は一応果たしました。

kindle paperはどうか?

 本しか読まないのならKindle Paperwhiteがあるのでは、と思うかもしれません。 目に優しいので、それもありかもしれません。

 

 しかし、容量の問題は依然として残ります。kindle paperは4GB。通常の本の場合数千冊保存可能とうたっています。文字だけの本なら、聖書ようなとんでもないテキストの量でさえ、数MBで収まり ます。

 

 漫画本は一冊さっきも言った通り、漫画本は数十MB。4GBは4000MBなので、エヴァンゲリオンの場合、一冊約70BM(kindle fireは表紙などがカラーなのでkindle paperとは多少違うはず)になり、4GBフルに入れたとしても57冊でいっぱいになります。kindlepaperで漫画も読みたい方は容量には注意が必要です。購入時に容量をしっかり確認してから買いましょう。

   kindle paperを所有していないので、実際のところわかりませんが、以上のようなことが考えられます。32GBの漫画モデルがあるのでそちらがいいかもしれません。

ipadやほかのタブレットとの比較

 映画・音楽・kindle本は、kindleでなくともPC、タブレットスマホで利用できます。

 

 kindleの売りは安さのわりに高いスペックを誇ります。しかし、kindleはあくまでアマゾンのコンテンツために作られたものです。タブレットとしての機能の幅が少し狭められて設計されています。

 

  kindleとしての利点を生かしつつ、タブレットとしての性能を求めようとすると、中途半端に思わぬところで不満が出てくるかもしれません。ほかのタブレットも視野に入れたうえで、上位機種の Fire HD 8、10と比較検討してみる必要があると思います。

本題、kindleを買うべき理由

安さ

 これに尽きるような気がします。 タイムセールやプライム会員割引を利用すると8980円の半額以下で購入できることもあるので、割り切って買うというのもありでしょう。タブレットがその価格で買えると思えば、ちょっとすごいととかもしれません。サブ機としては分すぎる機能です。

 プライム会員になって、毎月1冊無料になるキンドルオーナーライブラリーを利用すれば、購入価格ぐらいは、すぐに回収は可能かと思います。

 

 電子書籍用として買ったけど、それ以外に、映画、音楽がついてきたと思えば、なかなかお得だと思います。しかもこのお値段。

 

 容量は16GB以上にするべきです。プライム会員ならクーポンコードを利用して6980円で購入できます。差額2000円はですので、おすすめというレベルではなく、絶対です。

 

 容量は16GB以上にするべきです。(大事なこと)

結論

 fire hdなど上位機種もありますが、あえて決めつけてしまいます。

kindle電子書籍プラスアルファのスーパーサブである。

kindleを買うなら、プライム会員になって、kindle fire 16GBを買え。以上です。

 

広告を非表示にする