読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中にわき上がるハレルヤ

無軌道という方向性

油の話 密かなブームのヘンプオイルのすごいところ

健康 美容

  魚などに多く含まれるDHAが脳機能を高めたりすることで有名になりました。亜麻仁油は美容健康、生活習慣病の予防、アレルギー症状の緩和効果が期待できることで有名になりました。どちらも油のことです。健康や美容の観点から、油に対する関心が高まっています。

 

 中でも麻の実から取れるヘンプオイルは、有用成分の多さ、バランスがとても優れていることから、少しづつ口コミで広がっているようです。では、ヘンプオイル(麻の実油)のどこが優れているのでしょうか。少し油について考えてみましょう。 

 

脂質は細胞を

 人間が生きていく上で必要な三大栄養素は、糖質、脂質、たんぱく質。先ほど書いたとおり、脂肪は、細胞膜の材料になるなど、体を作る上で欠かすことができない栄養素のうちの一つです。太るからとか言った理由で油を摂るのを過度に控えた結果、必要量が不足すると健康を損なうこともあります。

 

 脂質の中でもオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これらは多価不飽和脂肪酸といい、

 さらにそれぞれ

オメガ3

オメガ6

と言う脂肪酸があります。この中で特に体内で合成することができず、食事からしか取ることができないαリノレン酸リノール酸を必須脂肪酸と呼びます。(DHAEPAはαリノレン酸から、γリノレン酸やアラキドン酸はリノール酸から、それぞれ体内で合成できるのですが、オメガ3、6のなかでも、何を必須脂肪酸にするかは議論されていますが、ここでは必須脂肪酸には含めません。)

 

αリノレン酸は、血をサラサラにし、アレルギーを抑え、心臓病、動脈硬化血栓を予防、血圧を下げ、またガンを抑制するともいわれています。

 

リノール酸は、血を固め、セラミドの材料になったり、コレステロール値を下げたり、炎症を起こしたりします。リノール酸過多では、アレルギーや血栓の原因になるので注意が必要です。

 

この2つの脂肪酸は、ホルモンのように働きます。どちらも体には必要なものですが、作用が逆の働きをするので、バランスよく取ることがが大切になってきます。

ヘンプオイル が体にいい理由

バランスがいい

  オメガ6とオメガ3が3:1で含まれている、厚生労働省やWHO(世界保健機構)が推奨する比率4:1に迫るとても良いバランスといえます。単一の食材でここまでバランスが取れているのは素晴らしいことです。

 

 またヘンプオイルは80パーセントが必須脂肪酸で、必須脂肪酸が一番多く含まれている植物油です。

 

脳のいい

 脳は、その重量の6割が油でできています。更にそのうちの1割がDHAで、脳機能を保つために働きます。DHAは魚に多く含まれていることで知られていますが、ヘンプオイルに含まれるα(アルファ)リノレン酸からも合成されます。

 

ダイエットに効果

 αリノレン酸は、体内でDHAEPAに変わり、脂肪合成酵素を抑制し、また脂肪の燃焼にも働くので、痩せやすくなります。

 

 太るからとか言った理由で油を摂るのを過度に控えた結果、必要量が不足すると健康を損なうこともあります。ですが、脂肪酸なので大量に摂取するとやはり脂肪がついてしまいます。

 

美肌効果

γリノレン酸が、脂肪酸形成の変化を抑えます。脂肪酸形成が変化すると、傷つきやすい肌になります。リノール酸が肌の保湿をするセラミドの材料となります。

 

希少なγ-リノレン酸

  γ(ガンマ)リノレン酸は生理活性物質の材料になります。その生理活性物質は血圧、血糖値、これストロール値を下げ、血栓を解消することで、血の流れを良くします。

 

 γリノレン酸ヘンプを含め、月見草(オオマツヨイグサ)などのごく少数の植物や母乳に含まれているのみで、大変貴重なものなのです。

 

 γリノレン酸は体の中でリノール酸から合成できますが、リノール酸を摂りすぎていたり、体内のバランスが崩れると、合成されなくなります。乳児やお年寄り、糖尿病でインスリンが不足している方などは、γリノレン酸の合成が不足するしがちになるようです。

サラダ油について

 いわゆるサラダ油には、リノール酸が多く含まれているので、リノール酸型になりがちです。ごま油、ひまわり油、コーン油、サフラワー油、大豆油など

亜麻仁油

 オメガ3、αリノレン酸が豊富に含まれていて、高い健康効果が期待できることで有名になりました。亜麻という表記から、麻の油と勘違いしがちですが、ヘンプと亜麻はべつの植物であり、成分が異なります。亜麻仁油も、これはこれでとても優れている油であることは間違いありません。

 

 オメガ6過多に傾きがちな現代式の食生活をしているのなら、まずオメガ6の摂取を減らす方向に行くのがベターでしょう。

加熱に注意 

 αリノレン酸リノール酸は熱や光に弱く、酸化しやすいので、長期保存や、炒め物、揚げ物といった熱を使った調理にはあまり向いていません。熱に強く調理に向く油は、オレイン酸が多いのオリーブ油を使うほうがよいよいでしょう。ヘンプオイルや亜麻仁油を摂るときは、ドレッシングとして使ったりや、スプーンなら1日1~2杯、そのまま飲むのがいいようです。

>

関連:ヘンププロテインという選択 美容にも効くヘルシーなスーパーフード

 

広告を非表示にする